ソリストのプロフィール

ソプラノ 

佐竹由美 (さたけ なおみ)

 

高松第一高校出身。東京藝術大学及び同大学院博士課程修了、博士号を取得。

学部を首席で卒業、皇居桃華楽堂にて御前演奏の栄を授かる。ロータリー国際親善奨学生として渡伊。

第53回日本音楽コンクール第2位入賞、同時に最高位に贈られる福沢賞受賞。イタリア・ノバラ市国際声楽コンクール第2位入賞。ライプツィヒ第8回バッハ国際コンクール第4位入賞。

宗教作品のソリストとして、その確かな技術に支えられた透明感のある美声と洗練された歌唱が最大の魅力で常に高い評価を得ている。オペラにおいても『後宮からの逃走』『魔笛』『エジプトのヘレナ』(日本初演)『ダナエの愛』など、二期会等において主要キャストとして活躍、またバロックオペラにも出演、好評を博す。ソロアルバム『A Lei ~ あなたへ』、『A Singing Bird~歌う小鳥』、なかにしあかね歌曲作品集『歌が生まれる』をリリース。その他『バッハ幻の結婚カンタータ』、木下牧子室内楽作品集『ふるえる月』等がある。

竹内肇、中村義春、嶺貞子、A.オジェー、L.グワリーニ、L.ヌバーの各氏に師事。よんでん文化振興財団芸術文化奨励賞受賞。2009年文化庁芸術家在外研修員。2011年カワイサウンド技術・振興財団第1回音楽振興部門研究助成取得。

国立音楽大学教授、愛知県立芸術大学講師。二期会会員。


アルト 

富岡 明子(とみおか あきこ)

 

兵庫県出身。 

東京藝術大学声楽科、同大学院を修了。在学中に安宅賞を、卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。ローム音楽財団奨学生として伊・パルマ音楽院にて学び、審査員全員一致の首席にて学位を取得。 

第80回日本音楽コンクール声楽部門(オペラ)2位をはじめ、ペリッツォーニ国際声楽コンクール、フラビアーノ・ラボー国際声楽コンクール等国内外のコンクールにて受賞。 在学中より、小澤征爾音楽塾、サイトウキネンフェスティバル、伊・パルマ歌劇場、伊・ペーザロ・ロッシーニフェスティバル等国内外で活躍。 

オペラでは、日本オペラ振興会「フィガロの結婚」のケルビーノ役を皮切りに、東京文化会館主催「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル役や、東京二期会「カヴァレリアルスティカーナ」ローラ役、同「ノルマ」アダルジーザ役などの他、日生オペラ「セヴィリヤの理髪師」ではロジーナ役で東京日生劇場をはじめ日本各地で公演を重ね、好評を博した。 

オーケストラとの共演も多く、ベートーヴェン「第九」、ヘンデル「メサイア」、バッハ「ヨハネ受難曲」、マーラー「千人の交響曲」、モーツァルト「レクイエム」他のソリストとして、国内外の指揮者・オーケストラと共演を重ねている。今後は、日本オペラ振興会公演、ロッシーニ「ランスへの旅」や、共同制作「カルメン」等の出演を予定している。東京二期会会員。日本ロッシーニ協会会員。 


テノール 

望月 哲也 (もちづき てつや)

 

東京藝術大学卒業。同大学院修了。学部在学中に安宅賞、松田トシ賞を受賞。大学院在学中にドコモ奨学金を授与。二期会オペラスタジオ修了。最優秀賞、川崎静子賞を受賞。文化庁派遣在外研修員として、オーストリア・ウィーンに留学。第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位。第70回日本音楽コンクール第2位。モーツァルトのオペラ作品に数多く出演、「魔笛」タミーノ役でヨーロッパデビュー。

近年はよりドラマティックな役柄もレパートリーとしている。

宗教曲の分野では、バッハ「マタイ受難曲」の福音史家の役をはじめ、約40作品以上のレパートリーを有し、著名な指揮者との共演も多い。

二期会会員。大阪音楽大学特任准教授。国立音楽大学、聖徳大学講師。


バリトン 

青山 貴 (あおやま たかし)

 

東京都出身。東京藝術大学卒業(卒業時に松田トシ賞受賞)。同大学大学院修士課程オペラ科修了。二期会オペラスタジオ第44期マスタークラス修了(修了時に最優秀賞・川崎静子賞を受賞)。新国立劇場オペラ研修所第4期修了。文化庁、ローム・ミュージック・ファンデーションの奨学金を得てボローニャ、ミラノで研鑽を積む。第19回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。

2007年第6回カルロス・ゴメス国際コンクール第1位(イタリア・トリノ、リヴァルバ)。2010年第4回マグダ・オリヴェーロ国際コンクールファイナリスト(イタリア・ミラノ)。

オペラは新国立劇場には2003年『ホフマン物語』ヘルマンでデビューし、2009年オペラ鑑賞教室『トスカ』スカルピア、2012年オペラ鑑賞教室『ボエーム』マルチェッロ、2014年オペラ鑑賞教室『蝶々夫人』シャープレスなどで出演。

また、2013年神奈川県民ホール・びわ湖ホール共同制作『ワルキューレ』ヴォータン、同じく2016年『さまよえるオランダ人』表題役、日生劇場には2015年『ドン・ジョヴァンニ』レポレッロ、2016年『セビリャの理髪師』フィガロ、2018年『魔笛』パパゲーノ。「びわ湖リング」には2017年『ラインの黄金』ヴォータン、2018年『ワルキューレ』ヴォータン  、2019年『ジークフリート』さすらい人役で出演した。

コンサートでは、2012年東京オペラシティ「B→C(バッハからコンテンポラリーへ)」で初リサイタルを行う。

また、ベートーヴェン「第九」、「ミサ・ソレムニス」、ヴェルディ「レクイエム」、モーツァルト「レクイエム」、フォーレ「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、バッハ「ロ短調ミサ」、「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」(イエス、バスソロ)、ハイドン「天地創造」、「四季」、メンデルスゾーン「エリア」、ブラームス「ドイツレクイエム」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、ウォルトン「ベルシャザール王の饗宴」、ブルックナー「テ・デウム」、ドヴォルジャーク「スターバト・マーテル」、マーラー「千人の交響曲」等のソリストを務める。男性ユニットIL DEVUのメンバーとしても活動。二期会会員。


オルガン 

新山 恵理 (にいやま えり)

 東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業及び同大学院修了。

日本オルガニスト協会主催新人演奏会に出演。フランス・リール国立音楽院では満場一致の一等賞を得て首席卒業、ベルギー、リュクセンブルグ、スペイン、南仏等の国際アカデミーにおいて研鑽を積む。各地の歴史的な楽器でのコンサート、18世紀に建造された楽器の修復記念演奏会に招待される。NHK-FM「朝のバロック」、NHK-TV「名曲アルバム」、「深夜の音楽会」等の出演、ソロ演奏、各オーケストラとの共演、合唱団、アンサンブルとの共演を続ける一方、市民レクチャーや講習会に携わっている。オルガンを絹村光代、島田麗子、秋元道雄、廣野嗣雄、ジャン・ボワイエの各氏に師事。現在、東京芸術劇場・アクトシティ浜松副オルガニスト。

日本オルガニスト協会会員。


本サイトはMozilla Firefox/Google Chrome での閲覧を推奨とさせていただいております。 上記以外のブラウザをご利用の場合、正しく動作しない可能性があります。 あらかじめご了承ください。尚スマートフォン・タブレットでの閲覧は検証済です。

M P C

町田フィルハーモニー合唱団

Machida Philharmonic Chorus

E-mail: mpc@1995mpc.com