指導者のプロフィール

故荒谷 俊治 音楽監督

 

 

 

                       

あらたに・しゅんじ

 

 

(愛称:アラヤン)

 

 

 

 

1930年4月広島生れ、九州大学法学部・文学部卒業。指揮を石丸寛、作曲を髙田三郎の各氏に師事。1969年 文化庁在外芸術研修員として合衆国とヨーロッパ留学、クリーブランドとニューヨークでジョージ・セルに師事。1970年春 クリーブランド管弦楽団を指揮、秋は東京バレエ団ヨーロッパ公演に招かれて、各地のオーケストラを指揮。1970年春 クリーブランド管弦楽団を指揮、秋は東京バレエ団ヨーロッパ公演に招かれて、各地のオーケストラを指揮。
東京フィルハーモニー交響楽団指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者を歴任し、国内外で活発な演奏活動を行う。2002年 東京都文化功労者表彰。2003年2月~2012年6月 日本指揮者協会会長(現在は顧問)三木稔『春琴抄』等の創作オペラや日本の伝統に根ざした新しい音楽にも力を注ぎ、廣瀨量平、肥後一郎、池辺晋一郎、木下牧子、信長貴富etc.の合唱曲も好んで演奏している。1975年~2011年4月 町田フィルハーモニー交響楽団音楽監督・常任指揮者、桂冠指揮者。

 2000年から合唱団、管弦楽団を帯同して、ウィーン楽友協会大ホール、ベルリンフィルハーモニーホールなど、世界の名ホールで演奏を行う「世界名ホール巡り」を展開した。2018年5月に町田市名誉市民顕彰を受けた。町田フィルハーモニー合唱団(MPC)では1995年の創立以来、音楽監督であった。

2020年1月1日、第19回演奏会を振ることもなく惜しまれつつ急逝された。享年89。

 

辻 秀幸 常任指揮者  

つじ・ひでゆき

東京藝術大学声楽科及び同大学院前期修士課程独唱科修了。イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。ノバラ市国際声楽コンクール入賞。欧州数都市でベートーヴェン「第九」のソリストを努め、各地で多くのコンサートに出演し好評を博す。

 

その後国内外でユニークなリサイタル活動を展開する。帰国後、特に宗教曲・オラトリオの演奏では、ソリスト・エヴァンゲリスト、指揮者として、その活動は常に注目を集めている。

 

現在指導するアマチュア合唱団は15団体を数える。共著に『わかって歌おうシリーズCD付き解説書:レクイエム発音講座/フィガロの結婚』がある。洗足学園音楽大学客員教授、東京藝術大学音楽学部講師、日本合唱指揮者協会理事、東京都合唱連盟理事長、日本演奏連盟会員、日本基督教団霊南坂教会会員。町田フィルハーモニー合唱団では2017年より常任指揮者。

香西 克章  合唱指揮者

こうざい・かつあき

指揮者、ヴォイストレーナー。広島県出身。1994年国立音楽大学音楽教育学科卒業。中学時代にトランペットに出会い、松崎祐一、中山富士雄、関山幸弘、C・ゴードン、C・リーチ各氏に師事する。また、音楽家高山顕・千晶氏に音楽の基礎を学ぶ。1988年より指揮者高階正光氏(齊藤指揮法)に師事。

 

以来オーケケストラ、ブラスバンド、合唱の指揮など幅広い音楽活動を行うかたわら、「アレクサンダー・テクニーク」など様々な身体技法(ボディーワーク)、能など古典芸能を研究。「心身の緊張を手放すことで、声が解放される」と言う発想に基づき、独自の発声法、ヴォイストレーニング法を編み出す。セミナー・講座を各地で開催。また、中国、ドイツ、クロアチア、チェコでコーラスマスターを努めるなど、その多彩な活動は国内外で注目を集めている。2018年「英国アレクサンダー・テクニーク」認定教師の資格を得る。各地でワークショップを開催し活躍中。


澤江衣里 ヴォイストレーナー ソプラノ

さわえ・えり 

島根県益田市出身。国立音楽大学首席卒業。東京藝術大学大学院修士課程及び博士課程修了。英国歌曲研究により博士号取得。日本学術振興会より奨学金を得て、ロンドン留学。第79回日本音楽コンクール2位入賞。第11回東京音楽コンクール最高位。声楽を永井和子、佐藤峰子に師事。

2006年よりバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)のアンサンブル・メンバーとして研鑽を積む。ソリストとして読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、横浜シンフォニエッタ、BCJなどと共演。バッハ《ロ短調ミサ曲》、ヘンデル《メサイア》、ハイドン《天地創造》、ブラームス《ドイツ・レクイエム》、オルフ《カルミナ・ブラーナ》やロイド=ウェバー《レクイエム》など後期バロックから現代まで幅広いレパートリーを持つコンサート歌手として活躍している。

NHKテレビ番組『名曲アルバム』でのバッハ《コーヒー・カンタータ》アリア独唱、NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』に出演し好評を得た。2021年、CD「ふるさとの歌。こころの歌。」をリリース。

島根県ふるさと親善大使・遣島使。

 

澤江衣里オフィシャル・ウェブサイトeri-sawae.com

                   

 山本悠尋 ヴォイストレーナー バリトン)

 やまもと・ゆきひろ

(下記は横浜シティ合唱団ホームページよりのプロフィール)

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。アカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。第62回「藝大メサイア」にてソリストを務める。

「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」に出演。東京芸術大学大学院独唱専攻を首席にて修了。

大学院アカンサス音楽賞、武藤舞賞を受賞。2018年からイタリアで研鑽を積み、各地で〈ドン・ジョヴァンニ〉タイトルロール、〈愛の妙薬〉ベルコーレ役、〈セヴィリアの理髪師〉タイトルロール、〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉アルフィオ役等を演じる。

宗教曲ではバッハ〈ヨハネ受難曲〉、〈マタイ受難曲〉、〈カンタータシリーズ〉、ヘンデル〈メサイア 〉、モーツァルト〈レクイエム〉、ベートーベン 〈交響曲第9番〉、オルフ〈カルミナブラーナ〉等のソリストを務める。声楽を故長町順史、寺谷千枝子、ジャンニ・マッフェーオ、エウジェーニオ・フォッリアーティ、ルチア・マッザーリアの各氏に師事。トレヴァーピノック、ダグラス・ボストック、鈴木雅明、井上道義の各氏と共演。第59回全日本学生音楽コンクール高校生の部東京大会第1位。第9回藤沢オペラコンクールファイナリスト。第4回伊アルトゥーロ・ペッシーナ・オペラコンクールファイナリスト。

「バッハ・コレギウム・ジャパン」、「プロムジカ使節団」声楽メンバー。


榮 萌果  ピアニスト  

さかえ・もえか        

神奈川県立弥栄東高等学校音楽コース(現弥栄高等学校芸術科)を経て、東京音楽大学ピアノ科卒業。ピアノアンサンブル卒業演奏会に出演。及び同大学大学院音楽研究科鍵盤楽器研究領域(伴奏)修了。

 

2010.4~2013.3、同大学ピアノ伴奏助手を務める。大学在学時より、アンサンブルを中心に数多くのコンサートに出演。これまでにピアノを李承姫、伊達ナナ、白石光隆、川上昌裕の各氏に、ソルフェージュを李承姫、古曽志洋子の各氏に、伴奏法を山洞智、広瀬宣行の各氏に、室内楽を浦川宜也氏(Vn)に師事。現在、神奈川県立弥栄高等学校芸術科(音楽)非常勤講師。アンサンブル・ヴァリエメンバー

山本 達郎  ピアニスト                                 

やまもと・たつろう

昭和音楽大学器楽学科ピアノ音楽コース卒業。在学当時から声楽に興味を持ち、声楽学科の学生の伴奏を多く務める。

卒業後は声楽のソロの歌い手を始め、合唱団やオペラなど多くのピアノ伴奏を務め、多数コンサートに出演。オペラの稽古ピアニストも多数務め、指導にもあたる。2014年にブルガリアでモーツァルトのピアノ協奏曲20番を演奏し好評を博す。また近年は指揮の活動もしており、オペラ公演での指揮者などを務めている。またコーラスの指導にも定評があり、十日市場の「山本くんと歌おう」では50~60代世代を中心に月数回の活動をするなど、いずれも好評を博している。ピアノを田中博子、ニキタ・ユジャニン、奈良康佑、崎田多香子の各氏に師事。また指揮を崎田俊治、吉田拓人の各氏に、イタリア語、フランス語ディクション、指揮を永澤三枝子氏に師事。りべるて響会会員。

✉ : mpc@1995mpc.com

Machida Philharmonic Chorus

© M P C 2023